車中泊と扇風機

今年は扇風機が売れているようです。
充電式の扇風機を買いました。
車中泊をするときに使おうと思います。

今まで、車中泊をしたなかで、
エンジン(暖房やクーラー)をつけて寝たことは数えるほどしかありません。
理由は、燃料代です。自分の車は燃料があまりよくないほうだったので、
とてもエンジンをつけては寝れません。

少し大げさかも知れませんが、
八時間エンジンとエアコンをつけて寝たら
600円分ぐらいの価値のガソリンが減っていたような気がします。

1リッターあたり150円時の場合です
それから、ほとんど駐車中はエンジンをつけていません。
もしつけても短時間にしています。

それからこれは止まっているときは関係ないのですが、私みたいに、
荷物をたくさん積んでいると、かなり燃費が悪くなります。
少しでも良くしたい場合は、余計な物はおろした方が良さそうです。

夏をしのぐ工夫

夏の車内は日差しが照り付けるとかなりの温度になります

時折真夏の炎天下の車内で過ごす事があるのですが

その際、窓を開けれる所はすべて開けついでにドアも開放すると

風通しが良ければ意外に過ごせるものです

以前に真夏のビニールハウスで仕事をしていたことがあるのですが
中はサウナのような状態で
真夏の車内も締め切るとほぼビニールハウスと変わりありません

ある夏の海の帰りに車に戻ると
車内はとんでもない暑さでした

その時に行なった事として
開けらるドアをすべて開け
そのドアを「うちわ代わりにして」
車内の熱気を外に逃がしたところ
急激に車内の温度が下がりました

車中泊での
熱帯夜で車内で過ごす場合には
扇風機はとても役に立つ道具です

扇風機の使い道としては
風を自分に当てるのではなく
熱気交じりとなった空気を車外に出す目的として使います

その際にできるだけ風通しを良くするために
窓を全開にし扇風機を外に向けます
そうすると心地よい風が車内を通り抜け快適に過ごせます

こんな簡易的な物でも充分です

車中泊で真夏の熱帯夜をのり切る方法

真夏の熱帯夜、今日は風があるのでよく眠れそうだ!

ですがその日は場所の選定を誤ってしまい苦痛の一日となってしまいました

そこは木が生い茂っていた場所で、
これなら木が木陰となり
早朝の朝日を避けられそうだ!

ここで一夜を過ごそうと決めたのですが
どうも寝る前から寝苦しい!

木陰であるものの
そこは山が削られた部分で真横は崖でした

ちょうど風をさえぎってしまい
車内はどんどん熱気で上昇していきます
扇風機をつけていたもののなかなか
体温が下がってくれません

その原因の一つとして気づいていることは
車の構造にあります

エンジンが真下にある車は
走行した直後は車自体が熱くなっています
それに日差しをたくさん浴びたシートなどは
いつまでも熱気がこもったままです

真夏の場合には
朝方になると快適な温度になる時間帯があるのですが

これは車の持つ熱気も関係していると思います
一日中、走行もせずに木陰においておいた車は
比較的に快適な夜を迎えられます
その点
日差しをたっぷりと浴びた車は
車内の椅子やマットなどに
熱気が漂っています
さらに走行した直後であればエンジンの熱気も付け加えられます

布団に毛布などを置いておくとその毛布の間は
ものすごく熱気が漂っています

そのための工夫として車内のラックなどに毛布を載せておくと
快適さが変わります

肌寒くなったら自然とそこから毛布を取り出すことができます
もし毛布などが体と接している眠る場合には
かなり体感温度が変わってしまいます

真夏の場合には
何もかけなくても過ごせますので極力自分の接地面の空間をあけるのが
快適に過ごすコツでもあります

真夏の車中泊の注意点

方位を確認をして置く
太陽が顔を出す東側の方角が日影になるようにしておくと
朝早くから目覚めることはありません

逆に寒さも同じ事で
朝日が木でさえぎられる場所は
なるべく避けるようにしています

できるだけ
冬の場合には
行動を活発にするために
暖かい朝日をいち早く浴びれる場所で眠ると
朝が快適に起きられます

充電式の扇風機

以前に使っていた車の電源用の扇風機です
作動時はかなりうるさいです

usb式の扇風機を購入しました

早速使ってみた結果良さそうです

音も静かでコンパクトです

電源はusbのモバイルバッテリーを使ってみました

昼の2時につけて夜の9時過ぎになりますが
まだついています

だいたい8時間位は持ちそうです

さらに
これよりもひとまわりほど、大きい
直径が20センチほどのusb式の扇風機を購入しました。

これは、最高です

縦置きの扇風機

夏対策としてUSBで使える縦置きの扇風機を購入しました
思っていたよりも能力が低かったのでがっかりです

方位磁石

温度計付きの方位磁石を購入しました
夏場は太陽が出る方向で眠ると早起きしなくてはなりません
少しでもゆっくり寝ていたい場合に
東の方に木などがある場所を選んで車中泊を行います

【扇風機を二台つけた結果】
真夏のさなか
扇風機を二台つけて寝たら寒くて起きた

窓をあけ
一台の扇風機は外へ向け
もう一台は自分へ向けてねたら
意外にも寒かった
朝方は
車事態の室温もさがり
さらに自分の体温もさがりますので
かなり涼しく感じます

二台つけは贅沢ですが
真夏をしのぐためにはやむを得ません

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ