サバイバル

サバイバル

更新日:

サバイバルとは
サバイバルを英語で書くとこんな感じになりますsurvival 
意味は生き残ると言った意味です。

サバイバーとは
生き残りと言った感じです。
例えば、あまり現実的ではないですが
海でゴムボートの上で昼寝をしていたら、
方角を見失って無人島に漂着したとします。

携帯もなければ何もない
ボーとしていてもおなかはすいてきて
時間だけが過ぎていきます。
そこでサバイバルの生活を余儀なくされるわけです。

【無人島に持っていくもの】
以前に書いたのですが、もし無人島に何か一つだけ
持っていけるのであれば何を持っていくか?
私ならば「万能やすり」を持っていきます。

ほとんどの人がナイフを選ぶのではないでしょうか?

何故、やすりを持っていくのか?
それは加工ができるのが良い点です。

例えば魚の釣り針を作るのにも何かを使って作れそうです。
地道にやれば木も倒せます。
空き缶が漂流すれば、その空き缶を加工してノコギリにもなると思います

最近面白い事を聞きました
もし無人島に何か持っていけるとしたら
何を持っていくかの問いに
「ベア・グリルス」と言った人がいました

たしかに私も同感です。

ベア・グリルスと検索すればわかるのですが
最強のサバイバル技術を持った人物です
とても信じられないものばかり食べます
例えば昆虫はもちろんですが
死んだシマウマにかぶりついたり
動物の糞から得た水を摂取したりと
究極サバイバーです

それと以前
テレビの番組で
有吉さんとマツコ・デラックスさんは
「もし無人島に何か一つだけ持って行けるなら」と言った問いかけに?
有吉さんは「ナイフ」と答え
マツコデラックスさんは「何も持ていかない」と答えていました

【贅沢にもおーいお茶で手を洗ってしまった】
周りを見渡しでも水たまりのもなく
手を洗うことができませんでした
持っているものはお茶しかありません

もったいないですけど
この際仕方ありません

汚れた手でご飯を食べるよりはましです
またサバイバル技術が上がったような気がします

おーいお茶の名前の由来

【川で初めて歯磨きをしてみました】
水がなかったので
この際その辺にある川で歯磨きをしようと試みました

このような経験ってメンタルも少しだけ強くなるような気がします

実際に川で歯を磨き
念のため何度も唾を吐き捨てて
最後に缶コーヒーがあったのでその缶コーヒーで口をゆすぎました

サバイバルにおいて、月あかりはとても、良い役割をしてくれます。
普通であれば、暗くなる前に、食事などの支度をしておきますが、
月あかりさえあれば、多少の事はこなせます。

【サバイバルの感】
今何時だろうと予想をして時計を見ると
予想をしていた時間に近いことやぴったりのことがありました
こういうのは訓練次第で感を掴むことができると思います
【蜘蛛の糸】
クモの糸は同じ太さのワイヤーがあった場合に
遥かに強度が強いようです
糸の太さが1mmあれば人一人を吊るす事が可能だと聞いたことがあります。

確かにクモの巣が体に付着した時に
あの細さのわりに強い強度があるような気がします

サバイバル

【海上自衛隊のカレー】

海上自衛隊は金曜日にカレーを食べるそうです
曜日を把握するためにだそうです

-サバイバル
-

Copyright© 生活研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.