車中泊の出来事【季節】

五月下旬の車中泊

草むらで寝ていると
蟻の大群が車内にもぐりこんできた
一晩中その場所においていおいたせいか
すきを与えてしまったようだ

この時期ならではの嫌な体験である

おそらくいや間違いなくタイヤから登ってきてどこかの隙間から入り込んできたようだ
どうも見ていると
後部座席のシートベルト部分が出入りぐちのようだ

ゴキブリではないですが
一匹見たら
かなりいると疑った方が良いです

その夜
草むらに止めていたせいか
蛾やクモなど
かなりの虫が車内に存在しています

ざっと30種類ぐらい
おそらくはもっといると思います

この生活において
虫がどうのと言っていられない状況になります

慣れることが大事なのですが

車内で蟻の大群を見たら
この生活から抜け出したいと思うようになります

【追記】
車内にお菓子の食べかすなどがあると
より強烈に蟻が寄ってくると思いますので
車内は清潔に!

コロコロかわり紙のガムテープを指に巻いて使っています

車内が汚れてしまった時に使う方法です
紙のガムテープを適度な長さに切り
粘着面同士を貼り合わせて指に巻き付けます

裏ワザとして
ガムテープを少しちぎり
のり面が外になるようにくしゃくしゃに丸めます

そのボール状のガムテープを
髪の毛やほこりがある場所に転がすとうまく取れます

【追記】
車内に蟻の巣の大群が!
すのこの下や衣装ケースの下に
気持ち悪いほどの蟻の大群を発見しました
鳥肌が立つような
数です
ざっと見て中ぐらいの大きさの蟻が80匹ほど固まっています
ここ三日間ぐらいを共に車内で過ごしていたようです
「気づかなかった!」

ちょくちょくアリを見かけるも
まさかこんなにいるとは!

その上の布団で自分が寝ていたのかと思うと
ぞっとします

その蟻の塊を見た瞬間
精神がなえそうになりました

車で生活することは
こういったトラブルとも直面します

その今後の対策としては
できるだけ物は置かないようにしよう!
その理由は
蟻を発見したら確認のため物をどかします
そこで
「物が散乱していたり」
「物があふれているようでは」
それもまたストレスになってしまいます
ですので
余計なものは極力車内に置かないようにします

【車で生活する場所】

これはレジャーの車中泊とは別ですが
今日一泊車中泊をするのであれば
広々とした草原や好きな場所で過ごすことが理想なのかもしれませんが
数日間の車中泊に及ぶとなるとなかなか人目も気にるものです
それに時期によっては草むらは大量の虫との戦いになることだと思います
わけあって車で生活することになった場合には
ですのであまり草原などの場所はお勧めしません

とくに草が生えている場所は虫がとても多く
虫が活発な時期に草むらに車を止めていると
色々な虫が車内に入ってきます

バッタ類、クモ、蛾、アリ、ハエ、蜂など
さまざまな虫を車内で目にしすることになると思います

中には普段目にしたこともないような虫もたくさんいます

ですので数日間車を止める場合には
コンクリートやアスファルト、砂利道などがおすすめです

以前車生活をしていた人が
眠る場所として一番安全だと感じたのは「コンビニ」だと言っていた人がいました

確かにコンビニエンスストアは安全かもしれませんが
毎日同じ場所へ止めるわけにはいきません。

そこで私がおもう
車生活でどういった場所が最適か?を考えてみました
総合的に見ると

やはり「トンネル」がある場所が最適かもしれません

よくホームレスの方が
橋げたなどで暮らしていますが

意外に橋げたと言うのは最高の場所だったりします

もし上に車が通っているのであれば
ちょっとうるさいのが気になりますが

風や雨がしのげ
夏には暑さもしのげますので最高の場所であります

ですがそのトンネルにも
デメリットはあります。
トンネルの中は光がさえぎるために
カビの発生の確率が高くなります

とくに
6月のじめじめとしている時期は注意が必要です

もし長い期間を車で生活するとなると
季節や天候に応じた場所を考える必要があります

車内に非常食用として
生米を積んでいたことがあります
その際によく車にカメムシが大量に
窓やドアの隙間にもぐりこんでいたことがありました

大量と言っても7匹程度でしたが
数える範囲内でしたのもう少しいたかもしれせん

やはりあれは
お米が原因だったのだと思います

カメムシと言えばお米と言ったイメージもありますので
おそらくはそのせいだと思います

お米を積んでいない時は
カメムシは見かけることはなかったのですが
お米を積むようになり
山へ出かけた際につくようになりました

そのお米ですが
ちゃんと密封して
さらにクーラーボックスに入れていたのですが
かすかなにおいをかぎつけてきたのかもしれません
それともたまたまなのかはたしてもわかりませんが

とにかく車中泊をしている際に
車内でカメムシを刺激してしまえば大変なことになってしまいます

【シーチキンの油】
山の中でシーチキンの缶詰をあけて
油を地面に捨てたのですが
しばらくするとその捨てた部分に
蟻の大群がその油に群がっていました
【蜘蛛の存在】
山に頻繁に入るようになり
蜘蛛の巣に引っかかることが多くなりました
その蜘蛛の巣にかかるたびに「ストレス」がかかります
以前はそんなに「蜘蛛」を気にすることはなかったのですが
こうも頻繁に蜘蛛の巣にかかると

「蜘蛛自体」が大っ嫌いになってきました

真っ先にこたえる嫌いな昆虫は?
「蜘蛛」と「蚊」です

ところで疑問なのですが
蜘蛛って自分で絡まって抜け出せなくなることってあるのだろうか?

【4月25日の出来事】
今年はじめて車の中に蟻の大群が!!

この時期ぐらいから虫が活発に動き出します要注意です

【車内に蟻が出没する原因】
草むらに車を止めていると
特に蟻の侵入がすごいです
しばらく様子を見ていると
どうやら
草むらをたどって車のボディーを登ってくるようです
そして隙間から車内に侵入してきます

【コーヒーの缶を放置していたら】
コーヒーの缶をしばらく
空き地に一時間ほど
放置していたら
小さなアリの大群が群がりました
よーくみると気持ち悪いです
DSC_0032

この三月の時期の車中泊は、花粉症じゃない人にとっては
最高の時期ではないでしょうか?

ポカポカようきで、車内で昼寝などをしたら最高かも知れません。

たぶん窓を閉め切って、太陽の下で寝ていると、車内では熱く感じると思います。
最近は、パソコンの仕事が忙しいので、
あまり「車中泊」をする機会がなくなってしまっています。

すこし「車中泊」と言った言葉じたいも遠ざかっている存在です。

でも思い出す事があり、
実際に昨日の夜、夜風に当たりながら、この時期独特の匂いで
車中泊、「車上生活」のことを思い出しました。
そして、記事に書こうと思い、こうしています。

車上生活でのこの時期は辛いことばかりがよみがえります。
この時期の「車中泊」は、私にとってあまり良いイメージがりません。

毎年に花粉症で悩ませられますし、

この時期と言えば、車上生活でつらかったことがたくさんありました。

真っ先に思い出したのは、風呂をどうしようか?

スポーツジムへ行き、シャワー室を借りようか?

など思いながら毎日過ごしていました。

最初のころは、それでもよかったのですが、
最終的には、スポーツジムのシャワー室も使えなくなりました。

と言うよりも、できなくなってしまいました。

何度も足を運ぶうちに、ちょっとこの人、
スポーツをしに来ているのではなく、シャワーだけを使いにきていると
思われて「NG」となってしまいました。

そこで、正直に、シャワーだけを使わせてほしいと
交渉したのですが、
市で経営しているところでしたので、
結局だめでした。

それからというもの、
体を濡れたタオルで拭いたりと、
結構、大変な思いをした記憶があります。

あまり自分にとっては、
この時期は良いイメージがないかもしれません。

今は、こうして、ちゃんと風呂にも入れて
温かい布団で、足をのばせて、寝返りもできますので、
このありがたみが良くわかります。

でもいつまた何が起きるかわかりません。
そういったときのために、そうならないために
頑張っているつもりです

あの時のつらさを思い出すたびに
くやしさと自分への怒り、家族のありがたみが増してきます。

こういったつらい経験をして、
すこし、メンタルが強くなったかもしれません。

【アドバイス】車での失敗談
風がとても強い日になにげなく自動車のドアを開けたときに
強風でドアがおもいっきり開きもっていかれました
そのころからドアの閉まりがおかしくなってしまい
人間でいうと関節をおもいっきり逆に曲げられたようなイメージです

風が強い日はとくにドアの開け閉めを注意した方が良いです

【林道での出来事】
五月の林の中で沢ガニを見つけました
林道を歩いていると
一時間ほどの間に
7匹ほど沢ガニを見かけました

とても警戒心が強く人を見るなり逃げるそぶりを見せました
中には威嚇するかにも!

普段別の林道を歩くことはあるのですが
あまり見かけることはありませんでした
この林道では沢ガニが多くいます
それと
その日は雨が降っていてたせいもあるのかもしれません

雨降りで少し
体を動かしたかったので
傘を差しながら散歩をしていました

【大きなカニ】
沢で大きなカニを見ました
こぶしだいよりも大きいカニです。

こんなに大きいカニが海ではない川で生息していることを初めて知りました
蟹の特徴として
蟹は横歩きが特徴ですが「結構すばしっこいことがわかりました」

10月の林道

10月の林道は落ち葉がすごい
10月に入り林道を走っていると
道には杉の枯葉や枝がたくさん落ちています

この時期はなるべく深い山に入らない方が無難です

【失敗談】
林道を走行中に枝を踏みつけて車に大きな傷をつけてしまったり
枝が車の下にもぐりこんでしまい挟まって
取るのが大変になったことがありました
林道を走る際、木の枝をむやみに踏みつけないように
注意が必要です
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ