焚き火って奥が深い

焚き火の力をつけるために練習を始めました。

焚き火は、奥が深いです。
燃えやすい木、燃えにくい木、使える道具、
木の積み方など色々、徐々に実践を積み、力をつけたいと思います。

中々、難しいです。


【気をつけている点】
風の強い日は避ける
穴を掘る
水場が近いところを選ぶ
段取りをする

広葉樹

今まで主に杉やヒノキの枝を使って焚き火をしていたのてすが、勉強のためにあえて違う木で焚き火をして様子を見ることにします。

今回は広葉樹の木だけ使ってやるつもりでしたが、
途中で竹の様子も見るためにつかいました。

水場がある場所で、ここなら安全そうです。

意外に木は折って使えるので鉈や斧は必要なかったりします。

トングの代わりに箸を使いますこれは竹で作った箸です。中々、使えます。

印象

栗の木

栗の木は、割るときに硬い印象でした。

桜の木

桜の枝が落ちていたので叩いて割ってみると意外に軽く割れました。乾燥していたからなのかもしれませんが、火つきは良く、火持ちは悪い印象でした。

細い竹は、火つきは良く、すぐに燃え尽きてしまいました。

太い竹は、つきも良く、火持ちもそこそこ良いです。

焚き火調理の練習

空き缶を使ってウッドストーブを作ってみました

焚き火は準備と段取りが重要

炭を移し替えて暖房の代わりに車に持っていきました。
危険なので、何があってもよいように水などもよういしてあります。

たいして暖房の効き目はなかったです。
外気か氷点下近かったので、

アルミ鍋は溶けてしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク