車の洗車

久々に愛車を洗車機に入れる決断をしました
最近は手で洗車することが多く
ここ数年は洗車機を使うことがありませんでしたが最近
洗車をしても持続性がなくすぐに汚れが目立ってしまいます

原因はおそらくワックスのコーティングの効果が切れてしまったものと考えられますので
思い切って洗車機でワックスをかける決断をしました
値段は800円と結構お高いです

そしていざ洗車機に入れると
もう終わりかというぐらいあっという間に終わってしまいました

「本当にちゃんとやったのか」と言いたいぐらいです

実際終わってみて確認のために車を触ってみたのですが
あまりワックスがかかっていないような気がしました
「やはりこんなもんか」とあきらめていたのですが
しばらく様子を見ていると汚れがあまり付着しません。

以前のかくかくでしたら
もうそろそろ洗車をするぐらいですが
いまのところ汚れは目立ちません

結果として800円の価値はありました

【洗車でバケツを汚さない方法として】
洗車をする際にバケツを汚したくない時があります

そういった時の対象方法として
バケツ自体にレジ袋(手さげ袋)をかぶせてしまいます

洗車と言えば
寒い時期に長袖で車を洗っていると

すぐに長袖の部分が垂れ下がってしまうことがあります
あのイライラを解消するために
輪ゴムを使うようにしています

車を洗う際は両サイドの手首に輪ゴムを巻き付けて置いて
いざ車を洗うときにその輪ゴムで洋服をくくります

【ワックスシートを購入しました】

オークションで購入したのですが
いまいち届いた品物はかなり古いものと思われます
ソフトウェットとなっていますが
完全に乾いてしまっているようです

正直なところ効果のほどはわかりませんが
オークションでは当たりはずれもありますので
今回は安い物なので仕方なく実験の効果を見ることができませんでした

またいつか似たような商品を購入して試してみたいと思います

何故購入に至ったか?
車のワックスと聞くと
めんどくさいイメージがあります
物置から
ワックスを取り出し使ってはしまって、
であればすてられるものであれば楽だと思い
この商品に注目してみました

【追記】
効果はあるようですが
いまいち強すぎるのが心配です

続いて別のシリーズのシートを購入しました

フクピカ
拭いてすぐ捨てられるので私みたいな
水がないところで洗車をするタイプに向いていると思います

ワックスの効果もありしばらくは水がはじきます

p879
くもりどめ
一時的な曇り止めには有効でした
長期では
あまり効果が実感できませんでした

【固形ワックス】
DCIM1326

やはり固形のワックスは輝きなどの持続性が長いです
二度拭きしなければいけないので
めんどくさいのですが
その分効き目があります

【曇り止めシート】
DCIM1331
効き目は悪くないです

ゴムマットを購入しました

純正のマットを汚したくないので
マットの上にさらにゴムマットを敷いています

布製のマットだとどうしても汚れの付着が目だったり
乾くのに時間がかかります
その点
ゴムマットは
簡単に水で洗い拭くことで乾きますのでとても便利です

以前、車検の時に「ずいぶん綺麗に乗っていますね」と言われました
ほぼマットは新品同様です

基本的には上から下へが基本

砂埃をエアーで落としたいところですが、かなり手間がかかります

砂埃を落とさず洗うと、細かな傷がついてしまいます

砂埃は意外に黒いボディーの方が目立つと言われています

水をかけながらボロキレで洗うのがベストですが、水道代を気にするのであれば

一度全体に水をかけて、部分的に仕上げていく、例えばルーフ(屋根)全体を洗いあげて後ろ全体に

水をかける

なぜかと言うと、一気に洗うと最初に洗った所

が乾いてしまって汚れが残ったままになってしまうから

特に夏場は乾くのも早いので、それで最後に全体をかける

頑固な汚れの落とし方

汚れは細かな溝に入っていますので
色々方向から拭いてみてください

F1000063.JPG

水がない場所でも霧吹きとウエスがあれば十分洗車はできます
時間が空いた時などにおすすめです。

窓ガラスにうろこ状(鱗状痕)その正体は?
原因は?

太陽があたり水滴が虫めがねのようになり塗装の表面を焼いていまう現象

しずくが自然に乾き水に含まれるカルキなどが残ってします状態

ウオータースポット
イオンデポジット

しずくが自然に乾き水に含まれるカルキなどが残ってします状態
の対処法は除去剤を使うのが良いかもしれません

クレンザーやオスで拭いたり色々試してみましたが
多少薄くなるぐらいで効果が期待できませんでした

素直に除去剤を使うのをおすすめします

洗車後などは必ず水滴を拭きとりましょう

装着型の霧吹き

p690
ペットボトルに装着して霧吹きとして使えます

購入してみて
意外にものすごい使える事がわかりました
水道がなく下回りの洗車に最適です

洗車ブラシ

DCIM1189
タイヤをたまに洗うために持っているのですが車の中においておくのは
ちょっと汚らしいのでボンネットの部分にかけて置いています
ちょうどよくヒットしました

【私の洗車方法】
車上生活をしていた時に
たくさんの水が使えなかった時に
実践をしていた事を紹介したいと思います

車種は
ワンボックスカーです

まず、部分的に分けます

ミラー
フロント部分
リア部分
ルーフ
サイド上部
サイド中間
サイド下

このようにいくつかに分けています

サイドの部分としては
何故三つに分けているかと言うと
下の方は得に汚れがひどく
最初に洗ってしまうと
雑巾が汚れてしまうからです。

洗うポイントとしては
ボディの切れ目に沿って
洗ってゆきます。

そうすることで

どこまで洗ったかがわかりやすくなります。

例えばストライプ模様が入っていたとします

そのストライプ模様の二段目
まで吹き
それを覚えておきます。

そうすることで同じところを吹かなくても済むようになります。

私の順番としては

基本は上から下が基本です

まずは窓を拭いてからミラーを拭きます
そしてルーフ部分を拭き
サイド上部へと移ります

そしてフロント部分

そしてワンボックスカーのリア部分は
比較的に汚れていますので、

リア部分はサイド下部同様に最後に行います

IMG_0184

ブロワ
ブロワになります
風圧でほこりなどを吹き飛ばすエアーコンプレッサーのエアダストには及ばないけど車内のほこりは軽く飛ばせます


スプレー式のエアーダスター

DCIM1067
ほこりをはじき飛ばしてくれます
若干威力は弱いです
エアーコンプレッサーほどの威力はありません

ちょうどバリカンを清掃する際に使ってみたのですが
期待していたほど弾き飛ばしてはくれませんでした

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ