車で生活することは場所選びが大変

最近、河川敷を通ると何やら怪しげな車が
タイヤすらないような車です
そこには猫などの動物もいて

おそらくは誰か人が住んでいると思われます
こういった光景は何度か見たことがありますので
たぶんですが
ホームレスの方がその車で寝泊まりをしているのだと思います

日影になるところへ止められた車は見た感じ「スクラップ」そのものです

おそらくは日なたでは生活はできないでしょう!

それほど暑い時期は車のなかは「サウナ状態」になってしまいます
しかしそれが日影に入ると少しは快適さが変わります
そして夏の時期は窓を全開にすれば
おそらくは建物内よりも涼しいと思います
ですがそのためには網戸の「虫除け対策」が必要になりますが、

もし車で生活するとなるとそれなりの覚悟が必要になります

一日や二日の車生活ではなんともないのですが
それが一年を通してとなると過酷そのものです
洗濯物や食事、
落ち着ける場所をさがしたり課題は山積みです

特に
場所を探すというのは困難になります

はっきり言って良い場所などは
一時しのぎでしかないとおもっています

先ほどホームレスの方の話をしましたが
もしかしたらですが昔に河川敷の橋げたにすんでいた人かもしれません

その橋げたはもう封鎖されています
行く場所もなくそこにたどり着いたのだと思います

場所も近いしかなり高い確率で
その人、いやその人たちなのかもしれません
以前は男性二人で住んでいたようなので今回も同じだと思います

ホームレスは一人で行動するよりも
安全のために複数で行動する人が多くいます

車生活をしていて色々な経験をしてきました
民家の近くで寝ていて煙をたかられた経験もあります

自分に置き換えてみたらわかるのですが
自分の家の付近に見知らぬ車が止まっていたら
誰しも煙たがるのは同じだと思います

これは自分が悪いことで
あくまで煙たがって当然だと思います
自分の土地を守る事は本能でありますので当然は当然です

そういったことも踏まえ
車生活を考えなければなりません
悪質な人であれば
かなりの行動をとってくる人もいます
寝ている間に煙を炊いたり

人体にかかわることも平気でやってくる人も中にはいます

ですので車生活において
人の迷惑になる場所の
民家付近は難しいと思います

そうなると一目のつかないところになりますが
これはこれで不便でなりません
何もないところですから
用事を済ませようにも
そこへ行くのも大変です

・コインランドリーに行く
・買い出しに行く
・水を調達する
何もするにも大変です

そうなると車生活をするのであれば
転々とすることが良いと思いますが
それには燃費がかかってしまいますので
これもまた問題が出てきます

私は今でも一年ぐらいであれば
車生活はのりきれるとおもうのですが
それ以上やれとなると「ため息まじりに、また地獄か」と思うでしょうね!
それほど車で生活することは困難でしかありません

もし車生活になってしまったら
抜け出すことを考えながら生活を送ったほうが良いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ