車上生活の心得

これは車中泊にとっても同じことが言えるのですが、
あまりお金がない人は、移動手段として車を使わない方が良いと思います。

ちょっとジュースを買いに自動販売機へ行こう!
ちょっとコンビニにまで買い物へ行こう
ちょっと公園に行って、水道とトイレを使おうなどと
いちいち車で行っていたら、あっという間にガソリンがなくなります。

今度はガソリンを入れにスタンドまで行かなくてはなりません。
そのスタンドから帰ってきたら、
さっきまで止めていた場所に違う車が止まっているかもしれません。
それで今度は、駐車場所をさがさなくてはならなくなってしまいます。

こんなことを続けていると、いくらお金があっても足らなくなります。
これは、私の実話なのですが、もし車上生活を余儀なくされた時は
あまり車でウロウロと動き回らない方が良いと思います。

どうしても動かなければならないときは、目的や計画を決めていかないと
無駄な距離を走る事になります。

車中泊の注意点

人はこっそり見ていることがあるので
警戒心を抱かなければならない!

車中泊などをする際に
周りを見渡すと
結構な確率で人がいたりします

遠くからこっそりこちらをうかがっていたり
たまたまそこにいたのか草むらに隠れてこちらを覗いていることがよくあります
そしてお互いの存在に気づくと何やら作業を始める行為を行います

向こうからしてみれば
「ゴミを捨てないか」「何やっているだろう」と気になり見ているのかもしれませんが
あまりにも
嫌らしい見方をしてくる人もいますので特に警戒が必要です
もしかしたら緩んだすきに車を荒らさる可能性もなくはありません

そういった人は気づかれると

なにか行動をしようとします
例えばですがカメラを取り出して花の写真を撮るそぶりを見せたり
なかにはとぼけるそぶりを見せる人もいます

車生活をしていると
かなり警戒心を強めなくてはなりません

とくに車上荒らしには注意が必要です

私は以前はこんなに警戒心はなかったのですが
年とともに警戒心を持つようになりました

山の散策でも誰かついてきていないかときおり振り返るようにしています
以前「ヒル」の記事でも書いたのです
時折、ヒルが靴に付着していないか一分おきぐらいに見るように心がけていました

散策でも同じく
時折振り返るようにしています

実際に距離を保ちながらつけられていたこともありました。
でもこれはたまたま後ろの人も同じ方向でそう見えただけだと思いますが
警戒心を持つことは大事です

車生活の持ち物

物はいっぱい持って置きたい
「あれもこれも」「もしかしたら必要かもしれない!」
でも
ある程度妥協しないと車が山積みになってしまいます
さらに燃費も悪くなりますので
不要な物はできるだけ車内からおろし
必要なものだけ持って置く癖をつけた方が良いです

人それぞれ使い勝手などが違いますので
何を持った方が良いとはアドバイスはできませんが

一度試してみて必要な分だけをもつようにした方が良いです

例えばですが
私は割り箸を使う派ですが
かりに割り箸しを使うのがもったいないという人は
金属製のスプーンやホーク、さらにはマイ箸を使うのも良いと思います

私が今取り組んでいる事は
「いらないものを極力減らす」
・例えば書けなくなった一本のボールペン
車内に積んでいてもおそらく使う機会はないと思われます

・シャープペンシルが三本あります
私にとってはあまりシャーペンは使いませんので一本で十分です

・使い古した電池
いつまでも車内に積んでいては無駄です

塵も積もれば山となります
ちょっとずついらないものを車内から降ろす癖をつけることをお勧めします

小物を整理

小物をきちんと整理できるのに救急箱のようなケースが重宝します

【決めた場所に】
車中泊も車上生活もキャンプもそうですが
物は、決めた場所に収納した方が使いやすいです。
タオルは、この棚、
ハサミは、この引き出し、など決めておくと便利です。

車は命

車生活では車は命同然です
故障ばかりしていたら費用ばかりがかさんでしまいます

自分で行なえるメンテナンスは日頃から自分でこまめに行うのが車を長持ちさせる
秘訣だと思います

おそらく車生活をするとなると掃除との戦いになると思います
汚くてもいいと言う人は別ですが

車を常に動かすとなると外装もそうですが
車内も「ホコリ」や「カビ」らだけになってしまいます

あまりにも外見が汚い車は放置自動車と勘違いされる可能性もあります
わたしは寝ている際に車に石も投げられた経験もあります

向こうからしてみれば
「この車は放置してあるのか?」
「もしかしたら誰か乗っているのだろうか?」
見た感じ親子でしたので
おそらく息子が
石を投げて確認してみようか?

そんな感じだったのだと思います

距離的にも離れた距離だったので
近寄る前に確認したのかもしれません
それほど汚れていて放置自動車に見えたのかもしれません

そうならないためにも
車は常にきれいに、こまめに掃除をすることが求められます

天気を有効に!

雨が続いたり、
冬は自分の吐く息で車内は湿気でほっとくとカビだらけになってしまいます
次の日が晴れそうであれば
日差しがある場所に車を止めるようにしています

天気予報は重要です
雨が降るとわかっていれば
雨がしのげる場所をさがし
風が強い時は風がしのげる場所へ

【自分の車の燃費を把握する】
こんな出来事がありました
燃費の計算をするために
ガソリンスタンドで燃料を満タンにして
メーターをゼロにリセットしました
一週間ほど走り
いざスタンドへついてメーターを見てみると
なんと
200キロぴったりでした
「おおスゲエー」
ぴったり
200キロです
「計算しやすい!」

そして燃料はと言うと
19.20リットルでした
約リッターあたり10キロ走る計算となります
あまり燃費は良くありませんが
それだけ
荷物を積んでいるので仕方ありません

なるべくいつもと同じような走りをして
暖気はできるだけ避けました

  • 動画を始めました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
      


    スポンサード リンク