車中泊の睡眠

車中泊で快適に過ごすには、睡眠はかかすことができません。
ポイントとしては
まずは眠る環境を作る事です

自動車によっても様々ですが、なるべくシートは倒して
フラット(まったいら)の状態に近付けるようにします。

でこぼこしたり何か取ってが当たるようであれば
できるだけ何か工夫して、平らな状態をキープできるようにします。

やはり布団や枕、抱き枕などもあると良いのですが、
なかなかそのためだけには用意するのもめんどくさいと思います。
布団はシュラフ(寝袋)を積んでおくとよいと思います。

枕の代用としては、タオルを重ね合わせたり、
空気を入れて簡易的な枕も存在します。

それと眠る場所にも注意が必要です。
あまり変な所で、車中泊をしていると
通報されたりする事があります。
人は見ていないようで見ています。

逆に見ているようで見てなかったりもするのですが
あまり目立つ行為はやめた方が良いです。
深夜に音楽をかけたりエンジンをかけたり
近くに住宅があるとすぐに通報されると思います。

さぁ!いざ眠りにつこうと思ったら警察官におこされる場合もあると思います。
結局のところは、自分に置き換えてみるとわかるのですが
自分の家から見える範囲にあやしい車が止まっていたら
気持ちが悪いと思うのが一般的です。

あまり民家の近くでの車中泊はお勧めできません。
人に迷惑がかからない所で気兼ねなく車中泊を楽しんだ方が
自分の為にも良いとおもいます。

ちなみに私も過去に何度か職質をうけた事があります。
車上生活を始めた頃には警察官に家に帰るようにも促されました。
その他にも、おそらくは、その時は挙動があやしかったのでしょうか
くまなく車内をチェックされた事もありました。

あまり変なものは車内に持ち込まない事です。
誤解を招く可能性もあります。

【警察もそんなに暇ではない】
ある程度職質を経験すると
パトカーが来てもナンバーをみて
素通りされるようになります

警察も相手にしてもしょうがないのか?
職質するだけ時間の無駄なのか?
この人物は安心だと思われているのか
わかりませんが
職質もされなくなります
おそらく
ナンバーを照会して
データベースから過去の歴をみて
判断しているのだと思われます

出っ張りの対策

いままでシートを倒した際にちょっとでっぱりがあり気になっていたのですが
仕方なく寝ていました

いぜん結婚式か何かの引き出物でしょうか?
そのカタログから好きなものを選ぶ際に
玄関マットを注文したことがあります
でも使う機会がなく
押し入れにしまいっぱなしで
もう邪魔だから捨てようかと思っていたのですが
その玄関マットを敷いてみたらどうか試してみたいとおもい
押し入れから引っ張り出してきました
そして実際に敷いてみたところ
すごく段差が気にらなくなり
ぐっすりと眠れるようになりました


もっと早くから試しておけばよかったでです

玄関マットの裏面は硬さもあり丁度良くフィットします

車内に一匹のハエ

ハエが車内に侵入
害はないだろうとほっておいたのですが
この一匹のハエをほうっておくと後々、
「夜中に起こされる」と言った
とんでもない羽目になってしまいます

蚊と同様にハエも寝る前には対策を!

折り畳みの布団

折り畳みの布団が便利です

今まで使っていた折り畳みの布団です
使っていくうちに せんべいのようにぺちゃんこになってしまいました

限られたスペースを有効に

車中泊では
どこに何があるかを把握しておいたほうがよいです
そのため、
常に整理整頓は大事で、
その車にあった収納を
私は心がけていました
たとえば
ダッシュボードやコンソール
ドアの収納ポケットや天井、
「ここにはこんなのが入りそうだ!」
「ここにはティッシュ箱がぴったりと置けそうだ!」
など常にアイデアを出し
なければ
加工したり、
作ったり、
色々と工夫していました。
車中泊のポイントは
いかに車内を有効に使うかが鍵になります

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ