懐中電灯

手のひらサイズの懐中電灯

ポケットにも入る
手のひらサイズの懐中電灯です。

デザインもよく、気に入っています。
電池は単三電池一本と使い勝手が良いです。

ちょっとした事にも使えますので、
夜などに出歩く人にとっては、
いざとなった時にも便利だとおもいます。

最近、特に役に立ったので
使えるアイテムとして紹介をしておきたいと思いましたので載せてみました。

こんな時にも便利

たとえば、夜の外出中にお金や鍵などの貴重品を落とした場合でも
ポケットに入れておけば役立ちます。

今回はいつもとは違い
「プロのように綺麗に撮れた写真かなぁ~」と思っていたのですが、
下のほうに大きなシミがあることに気付きました。残念!

紐を取り換えて首からぶら下げるタイプに

ストラップを首からぶら下げるタイプへと変更しました

余っていたストラップがありましたので
首掛けに改良です
このストラップはジョイント部分が外れますので単独でも使えます

車中泊の経験上、首からぶら下げる懐中電灯は使いやすいです
それと
いつか自分でストラップを作ってみたいと思って
「カシメ金具」や「紐」をヤフーオークションで時折見ています

その紐の素材ですが
どうやらアクリルの素材の紐がよさそうです

ストラップ用の紐を購入しました

ストラップ用の紐0.6ミリ
の紐を購入しました

前からこのぐらいの細さの
紐がほしいと思っていたので購入しました
これでストラップなどの自作に使えそうです

IMG_0309

手動式の懐中電灯 
電池がいらないので経済的です。
わずらわしい電池交換もいりません

中にはラジオが付いているものもあります

車中泊にお勧めのアイテム

私がとりわけお気に入りなのはハンドグリップ式の懐中電灯です。

車中泊では夜中にお腹が痛くなる時もあります。

その時に、
この懐中電灯を首にぶら下げて公園に行った事が何度となくありました

なかには公園や施設では電気が設置されていない場所もあります。
最近(2012年)ではとくに節電対策のためか良く目にする事があります。
その時に懐中電灯は必需品です。

最初のころは、
公園などで設置がされていない場所や電気が消されている場所では、
周囲が見えなくて、困ったことがありましたが、今では
この懐中電灯があるおかげで、そういったことに困る事はありません

このハンドグリップは数十回程度握れば長い間光をともしてくれます。
ですが、この懐中電灯も長い間使っていますので
最近は充電機能が衰えているような感じがします。
それでも機能的には全然問題はありません。
むしろ、オークションで数百円で買ったものが
この長い間を使ってこの機能を維持できていること自体すごいと思っています
黄色い懐中電灯の方は、紐を長くしていますのでぶら下げ用として使っています。
この黄色い懐中電灯が持ち出し専用になります


【豆知識】
ちなみに懐中電灯に袋をかぶすと
周りを照らす効果があります

※熱が出るものは注意が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ