カーフィルム

F1000107.JPG

用意する物
■カーフィルム     カーフィルム専用の水    はさみ    カッター
■ウエスか雑巾    透明のビニールシート     新聞紙    ゴムべら
■セロハンテープ   白い色鉛筆   曲線定規(任意)   針(任意)  ドライヤー(任意)

〔施工方法〕

貼り方のコツはカーフィルムにたっぷりの水をつけて、
シール部分に一時的に粘着力をなくさせます
特に角の方のつけ忘れに注意してまんべんなく専用の水を吹きかけます

カーフィルムの貼る手順

・まずは型を取ります

透明なビニールを使って型を取ります。窓枠に合わせてビニールにマジックで印をつけて型を取ります

・型をカットします
型を取ったビニールを、はさみやカッターを使いカットします

・成型します

型を取った物を照らし合わせて白い鉛筆や
マジックを使い、型に合わせて印をつけます。あまりお勧めはしませんが
ろうそくでも印をつけることができます。

定規とカッターを使えるところは極力使っていきます
カッターはなるべく新品のものか刃を折って切れ味のよい状態で使います

・注意点

大きいテーブルの上で作業するとやりやすいです
カットはなるべく窓枠よりも気持ち小さめに切ります
大きめに切ってはみ出すと空気が入ったりして手間がかかります。
角などは10円玉などをあてて切ると仕上がりがきれいになります。

・下準備をしておきます
まずは窓ガラスを綺麗にします。ゴムベラを使って、ほこりなども
取り除きます。作業をするときは、
シール部分や窓ガラス部分に極力ほこりをつけないように注意しながら
作業を行います。
ほこりが入ると空気が入ったようになってしまいますのでタオルの
残りカスなどを取り除きます。

外で貼ると風の影響を受けますので注意が必要になります
車内で貼る場合は例えば運転席側を貼る場合は自分が助手席に移動して、
シールをはがしたときに窓ガラスの向きが合うようにしておきます。
手が逆方向になったり、無理な体制にならないようにします。
シールをはがした時は手で上になる部分を持つようになります。

シールを剥がす前は必要な物を手の届く位置においておきます。

なるべく平らな状態で椅子などは倒して広く使うと作業がしやすいです。

・シール部分を剥がします

新聞紙を広げてその上にフィルムを乗せて、
セロテープを使いフィルムのシール部分を出します。
少しづつはがしていきます。少しはがしたら専用の水を吹きかけて、
また少し剥がしたら水をつけて三回ぐらいで剥がすようにします
剥がすときはフィルムに水がついていればシール部分に手をつけても
大丈夫ですシール部分と窓ガラス部分はたっぷりまんべんなく
専用の水を吹きかけます

窓ガラスに貼り付けたらたっぷり水をつけていればずらして調整できます
位置が決まったら、ゴムベラで水を抜いていきます。その時に、フィルム部分に
傷をつけないようにフィルムのシール部分でない方に水を吹きかけておきます
中央部分からなでるように中心から水を出していきます
ある程度したら少し力を入れて水を出します

水や空気の出し方

smork

リヤガラス

F1000109.JPG

リヤガラスは曲線がある場合は一枚張りではなく何枚かに分けて張ります。
同じように型をとります。電熱線に沿って型を取りちょうど電熱線に合わせて張るとときれいにいきます。
窓ガラスに普通の水でもいいので吹きかけます。そこにシールをはがしていない状態のフィルムをくっつけて型どおり切っていきます。
型を取ったら同じように貼り付けます。

≪注意点≫

夏の日は
曇りの日に張るのが良いです
水の渇きが早いと失敗の原因になります

少し曲面がある場合は
ドライヤーを使います

もし最悪、空気が入ってしまった場合は針で穴を開けて修正します

貼ったその日は極力窓の開閉は避けて一日ぐらいかけて乾かします

カーフィルムをうまく貼るコツとしてポイントをいくつか挙げてみたいと思います

まずはうまく貼るためにはなんといっても
型をうまく取る事が大事です

その型の出来次第で仕上がりが左右されます

型を取るポイントとしては
新聞紙などを使い窓に合わせて型を取る形になります
お勧めとしてはビニール製のシートがおすすめです

型を取る際はセロテープやマスキングテープなどを使って
固定してから型を取るほうがうまく型が取れます。

もし型を取らずに直に貼るとなると逆に大変かもしれません

めんどくさくても型を取ることがカーフィルムをうまくはるコツではないかと思います

そして型をうまく取るコツはとにかくに慎重に集中力が大事です

もし途中でイライラするようであれば必ず休憩をとってください

型の大きさですが気持ち的に小さめにカットしておきます
その理由としては
少しでもフィルムを大きくカットしてしまうと他の窓枠などにぶつかり
うまくいかずに
その間に水が乾いてしまい失敗の恐れがあるからです

カーフィルムと言うのは
中からの見栄えも大事ですが
外からの見栄えの方が大事になると思います

少しぐらいの失敗でも外から見たら気にならないもので
ちょっと隙間ぐらいでは全く分からないと思うので
思い切って数ミリ小さくカットするのがコツです

もし大きめに切り後からカットするとなると
フィルムに織り目がついてしまったりと失敗の恐れがあります
出来れば後からカットするのではなく
初めから型に沿って切ってから貼り合わせるのがポイントです

【カーフィルムを貼る時期のポイント】
極端に暑い時期や極端に寒い時期などは避けた方が無難です

その理由としては
暑い時期ではすぐに水が乾いてしまうために
水で滑らせてその貼る場所を決める際に身動きが取れなくなり失敗する恐れがあるからです
簡単に言うと
フィルムと言うのはシールを貼るのと同じで
そのシールに専用の水をつけます
そのためフィルムを窓に貼ってもシール自体は動きます
例えばもしその場所でシールを貼る位置が決まれば
そこで水をゴムベラを使って抜いていくと言った作業になります

【真冬にカーフィルムを貼る】
寒い時期は、水が凍ってしまいますのでやりにくくなってしまいます

【天候を考える】
暑いのと同様に日がさしているときには
窓の温度も高くなっているためにすぐに水が乾いてしまいます
そのため晴れた日で
窓温度が高くなっている日は避けます

お勧めとしては曇りの日が貼りやすい天候だと思います

【風の強い日は避ける】
とにかくフィルムを貼る一番の強敵は強風かもしれません

風が強い時はできるだけ避けた方が良いのですが
どうしても行わなければならないと時には
完全にドアをふさぐか風が防げるガレージなどで行うようにします

【使う道具】
使う道具としては
よく切れるカッターやはさみを用意しておくと便利です

切れないカッターは失敗のもとです
新品の物やもしくはカッターの刃先を折り使うと良いでしょう

はさみは「布きりばさみ」がおすすめです

そのほか
新聞紙や
雑巾
専用の水
ゴムベラ
うちわ
ドライヤー
セロハンテープ
定規

など用意しておくと便利です

新聞紙は車が汚れないように下に敷いたりできますので
たくさんあると便利です

雑巾は水がたれたときや窓を拭く際に使います

専用の水は
カーフィルムを貼る専用の水が売っています
普通の水ではなくその水を使うことではりやすくなります

それと水はケチらずたっぷりと塗ります
その理由として
まばらに塗ると失敗の恐れがありますので全体にまんべんなく塗ります

シール面をはがす際の注意点
シールはすこしずつはがしながら水を吹きかけていきます

その時に下が濡れないように
新聞紙を敷いときます
もし最悪の場合で新聞にシールがついた場合にも
水をたっぷりと塗っていれば助かる場合があります
ですが
シールをはがす際には
慎重に、なおかつ何か物などにあたらないようにはがすのがポイントです

シールがはがし終わったら
いよいよ窓の面に貼り付けます

その前に
窓はきれいにしておくのが鉄則です
ほこりや髪の毛が入ってしまわないようにきれいにふき取り
最後にゴムベラできれいに仕上げておきます
後から髪の毛一本でもはいっていたら気持ちがふさぎ込みます

そしてフィルムを貼る際にも窓の面に水をたっぷりと吹きかけます

フィルムを持つ向きが重要です
すぐにそのまま貼り付けられるような向きにしておきます
コツとしては
フィルムはドアの上の部分になるところを両サイドにピンと張るように
引っ張りながら両手で持つようにします

さかさに持ったり
向きを変えなければならないような持ち方では失敗のもとになります

そして貼り付けましたら
位置をしっかりと決め、位置が決まれば
そこで水を抜いていく作業に入ります

フィルムのカットの大きさの注意点として
なるべくはドアの下のゴムに大きくもぐりこませないようにした方が良いです
ギリギリもしくは数ミリ程度!

なぜかと言うとはがす時に大変になります。

【水を抜く際のコツ】
水を抜く際に
フィルムの内面を傷つけないように
車内側のフィルム面にも水を吹きかけます。
そして中央から水をゴムベラを使って抜いていきます

※綺麗に抜けても時間がたつと水が浮き出てきたりしますので油断は禁物です
ドライヤーなどを使ってうまく調整するのもよいでしょう

私の失敗談として、
よくシール面を間違えたことが何度かあります
例えば運転席側と助手席側の両方を作る際に運転席側二枚ができてしまったことがありました

そのため確認は何度も行っておきます
セロハンテープを張り合わせて
お互いを引っ張り合わせるとすぐに確認できます
どちらがシール面なのか?

成るべくは印をつけるようにしています
そのため専用の白いペンがあると便利です

なければロウソクでも大丈夫かもしれません
うちめんになる部分に着けるのではなく
必要のない捨てるビニール部分に印をつけます

【曲線を描く】
型を取る際に
定規があると直線部分はうまく切れます
曲線はカッターではなく
よく切れる布切狭を使って
滑らかに滑らすように切っていきます

もし綺麗に曲線を切りたいのであれば
曲線定規があると便利なのですが
ない場合にはうちわや丸い物(コイン)などを使うと良いでしょう

【最後に注意点】
私の場合にはこれと言ってトラブルはありませんが
水を大量に使うために
ドアの配線などに水が入る恐れがありますので
自己責任の物で行ってください

カーフィルムのスプレーを自作

カーフィルムのスプレーが
なくなったので
買わなくてはと思っていたのですが
すこしネットで調べてみると
自分で作ることも可能なようです

実際に作ってみました
空きの容器に中性洗剤(ママレモン等)を二滴ほどたらした
ごくシンプルなものです

DCIM1260

使い心地としては
悪くはなかったですが
あまりお勧めはできません

ちゃんとしたものを買った方が
失敗は避けられると思います

カーフィルム(スモーク)をはがすときは、
貼るときと同様に慎重に!

失敗をしてしまうと、無理な仕事を増やしてしまう恐れがあります

極力は、はがし材などを塗りながらはがすのが理想ですが、
もしなければ、あわてずにゆっくりはがしていきます。
とくに年月がたつほど剥がれにくくなっていますので
慎重に作業を行います

ちょうどクモの巣のような形を作りながら
角ばったところを、左右からゆっくり、ゆっくりとはがして進めていきます。

あわててしまうと表面がはがれてしまいます。

その表面がはがれた場合には、以外に大変そうに見えますが
からぶきの雑巾や水ぶきの雑巾で吹くときれいにとれると思います。

「すこしはがしては、すこしはがす」を繰り返していきます。

はがすときの注意点としては、セロハンの剥がす独特な音がするときは
注意が必要です。
表面がはがれる可能性がありますのでその時は音も聞きながら
ゆくっりとはがすようにしてください。

それとフィルムをはがす予定があるのであれば
爪を伸ばしておくことをお勧めします。

深爪をしているなかなかはがずのに思い通りいかなくて
途中でイライラとしてストレスがたまります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ