カーフィルム

F1000107.JPG

用意する物
■カーフィルム     カーフィルム専用の水    はさみ    カッター
■ウエスか雑巾    透明のビニールシート     新聞紙    ゴムべら
■セロハンテープ   白い色鉛筆   曲線定規(任意)   針(任意)  ドライヤー(任意)

〔施工方法〕

貼り方のコツはカーフィルムにたっぷりの水をつけて、
シール部分に一時的に粘着力をなくさせます
特に角の方のつけ忘れに注意してまんべんなく専用の水を吹きかけます

カーフィルムの貼る手順

・まずは型を取ります

透明なビニールを使って型を取ります。窓枠に合わせてビニールにマジックで印をつけて型を取ります

・型をカットします
型を取ったビニールを、はさみやカッターを使いカットします

・成型します

型を取った物を照らし合わせて白い鉛筆や
マジックを使い、型に合わせて印をつけます。あまりお勧めはしませんが
ろうそくでも印をつけることができます。

定規とカッターを使えるところは極力使っていきます
カッターはなるべく新品のものか刃を折って切れ味のよい状態で使います

・注意点

大きいテーブルの上で作業するとやりやすいです
カットはなるべく窓枠よりも気持ち小さめに切ります
大きめに切ってはみ出すと空気が入ったりして手間がかかります。
角などは10円玉などをあてて切ると仕上がりがきれいになります。

・下準備をしておきます
まずは窓ガラスを綺麗にします。ゴムベラを使って、ほこりなども
取り除きます。作業をするときは、
シール部分や窓ガラス部分に極力ほこりをつけないように注意しながら
作業を行います。
ほこりが入ると空気が入ったようになってしまいますのでタオルの
残りカスなどを取り除きます。

外で貼ると風の影響を受けますので注意が必要になります
車内で貼る場合は例えば運転席側を貼る場合は自分が助手席に移動して、
シールをはがしたときに窓ガラスの向きが合うようにしておきます。
手が逆方向になったり、無理な体制にならないようにします。
シールをはがした時は手で上になる部分を持つようになります。

シールを剥がす前は必要な物を手の届く位置においておきます。

なるべく平らな状態で椅子などは倒して広く使うと作業がしやすいです。

・シール部分を剥がします

新聞紙を広げてその上にフィルムを乗せて、
セロテープを使いフィルムのシール部分を出します。
少しづつはがしていきます。少しはがしたら専用の水を吹きかけて、
また少し剥がしたら水をつけて三回ぐらいで剥がすようにします
剥がすときはフィルムに水がついていればシール部分に手をつけても
大丈夫ですシール部分と窓ガラス部分はたっぷりまんべんなく
専用の水を吹きかけます

窓ガラスに貼り付けたらたっぷり水をつけていればずらして調整できます
位置が決まったら、ゴムベラで水を抜いていきます。その時に、フィルム部分に
傷をつけないようにフィルムのシール部分でない方に水を吹きかけておきます
中央部分からなでるように中心から水を出していきます
ある程度したら少し力を入れて水を出します

水や空気の出し方

smork

リヤガラス

F1000109.JPG

リヤガラスは曲線がある場合は一枚張りではなく何枚かに分けて張ります。
同じように型をとります。電熱線に沿って型を取りちょうど電熱線に合わせて張るとときれいにいきます。
窓ガラスに普通の水でもいいので吹きかけます。そこにシールをはがしていない状態のフィルムをくっつけて型どおり切っていきます。
型を取ったら同じように貼り付けます。

≪注意点≫

夏の日は
曇りの日に張るのが良いです
水の渇きが早いと失敗の原因になります

少し曲面がある場合は
ドライヤーを使います

もし最悪、空気が入ってしまった場合は針で穴を開けて修正します

貼ったその日は極力窓の開閉は避けて一日ぐらいかけて乾かします

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ