洗車

基本的には上から下へが基本

砂埃をエアーで落としたいところですが、かなり手間がかかります

砂埃を落とさず洗うと、細かな傷がついてしまいます

砂埃は意外に黒いボディーの方が目立つと言われています

水をかけながらボロキレで洗うのがベストですが、水道代を気にするのであれば

一度全体に水をかけて、部分的に仕上げていく、例えばルーフ(屋根)全体を洗いあげて後ろ全体に

水をかける

なぜかと言うと、一気に洗うと最初に洗った所

が乾いてしまって汚れが残ったままになってしまうから

特に夏場は乾くのも早いので、それで最後に全体をかける

頑固な汚れの落とし方

汚れは細かな溝に入っていますので
色々方向から拭いてみてください

F1000063.JPG

水がない場所でも霧吹きとウエスがあれば十分洗車はできます
時間が空いた時などにおすすめです。

窓ガラスにうろこ状(鱗状痕)その正体は?
原因は?

太陽があたり水滴が虫めがねのようになり塗装の表面を焼いていまう現象

しずくが自然に乾き水に含まれるカルキなどが残ってします状態

ウオータースポット
イオンデポジット

しずくが自然に乾き水に含まれるカルキなどが残ってします状態
の対処法は除去剤を使うのが良いかもしれません

クレンザーやオスで拭いたり色々試してみましたが
多少薄くなるぐらいで効果が期待できませんでした

素直に除去剤を使うのをおすすめします

洗車後などは必ず水滴を拭きとりましょう

装着型の霧吹き

p690
ペットボトルに装着して霧吹きとして使えます

購入してみて
意外にものすごい使える事がわかりました
水道がなく下回りの洗車に最適です

洗車ブラシ

DCIM1189
タイヤをたまに洗うために持っているのですが車の中においておくのは
ちょっと汚らしいのでボンネットの部分にかけて置いています
ちょうどよくヒットしました

【私の洗車方法】
車上生活をしていた時に
たくさんの水が使えなかった時に
実践をしていた事を紹介したいと思います

車種は
ワンボックスカーです

まず、部分的に分けます

ミラー
フロント部分
リア部分
ルーフ
サイド上部
サイド中間
サイド下

このようにいくつかに分けています

サイドの部分としては
何故三つに分けているかと言うと
下の方は得に汚れがひどく
最初に洗ってしまうと
雑巾が汚れてしまうからです。

洗うポイントとしては
ボディの切れ目に沿って
洗ってゆきます。

そうすることで

どこまで洗ったかがわかりやすくなります。

例えばストライプ模様が入っていたとします

そのストライプ模様の二段目
まで吹き
それを覚えておきます。

そうすることで同じところを吹かなくても済むようになります。

私の順番としては

基本は上から下が基本です

まずは窓を拭いてからミラーを拭きます
そしてルーフ部分を拭き
サイド上部へと移ります

そしてフロント部分

そしてワンボックスカーのリア部分は
比較的に汚れていますので、

リア部分はサイド下部同様に最後に行います

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ