火の確保

F1000035.JPG

虫眼鏡を使って火をおこしてみたいと思います

虫眼鏡自体は安いものです

それでは実験してみたいと思います

くしゃくしゃにした新聞紙に虫眼鏡を当ててみます。

手で当てていますので、少しぶれてしまいます。

結果は、すぐに煙は出るのですが、なかなか火がついてくれません。

F1000055.JPG

ちょっと虫眼鏡を固定することにしてみます
ペットボトルがありましたので虫眼鏡をゴムテープでとめて固定してみます
焦点がぶれる事がなくなりましたのでよさそうです。

じゃっかん煙の量が多くなったような気がします。
そこで強めにうちわであおぐと、やっと着いてくれました

最終的に行った事は

新聞紙をクシャクシャにして丸めます
できるだけ黒いインクで書かれた場所を使います
固定してできるだけ焦点を小さく集中させます。

すこし強めにウチワであおぎます

【その他メモ】

100円ライターがあればいいのですがない場合

虫めがねなどレンズ代わりになる物や
木をこすり合わせて火をつけることもできます。

火種ができたら思い切って消そうぐらいに回します

燃えやすい木

字のごとく
ヒノ木

アジサイなど

もぐさ

ヨモギの毛

松ぼっくりを燃やす


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ