太陽の力で自作ソーラークッカー実験

手作りソーラークッカーを作ってみました。

【実験内容】太陽の力でお湯を沸かす事が出来るか?

※ちなみにこの作り方はお勧めできるものではありません
失敗例も載せていますので参考程度に見てください

完成予定

作り方

・段ボール

・アルミ箔

・ガムテープ

・セロテープ

kata

このようにカットしました。

いかに太陽の光を集めて
熱を逃がさないかが重要になると思います

アルミ箔を巻きつけました。

完成です

【実験内容】太陽の力でお湯を沸かす事が出来るか?やかん編

ベランダにて撮影

F

温かい空気を逃がさないようラップを巻きつけてやりました。
実行日 六月三日

時間間隔 11時から15時までの4時間
水の量は1リットルです

天気‐最初のうちは曇りがちでしたが12時過ぎごろからは時折晴れてきました

室内温度始めた気温は22度 ピークの気温は27度でした

結果温度約45度

体感温度
このお湯で頭を洗うには熱すぎる

【実験内容】太陽の力でお湯を沸かす事が出来るか?再度チャレンジ

やっと太陽が出てきました

【結果】約45度です。
お風呂位には適してそうです。

【実験内容】太陽の力でお湯を沸かす事が出来るか?空き缶編

アルミ缶を黒く塗り

ベランダにて撮影

実行日 六月二九日

時間間隔 10時から15時までの5時間
水の量空き缶350

天気‐少し曇りがちでした。

室内温度始めた気温は34度 ピークの気温は36度でした

結果温度約46度

やっと太陽が出てきました

【結果】思っていたほどの効果は得れませんでした
たいしてやかんと変わりませんでした
改良が必要そうです
約46度です。

太陽の力でお湯を沸かしカップラーメンを食べる

このように日光を当てます

【実行月】七月

【時間間隔】 9時から14時までの5時間
【水の量】空き缶350ml

【天気】‐晴天。

【室内温度】始めた気温は34度 ピークの気温は36度でした

【結果温度】約55度

【コメント】
前回からの改良
いらなくなったcdをつけてみました

【実行月】七月

【時間間隔】 9時から14時までの5時間
【水の量】空き缶350ml

【天気】‐晴天。

【室内温度】始めた気温は34度 ピークの気温は36度でした

【結果温度】約78度

【体感温度】結構熱いです

【コメント】
前回からの改良
ペットボトルをかぶせてみました。

【実行月】七月
【時間間隔】 9時から14時までの5時間
【水の量】空き缶190ml
【天気】‐晴天。
【室内温度】始めた気温は35度 ピークの気温は38度でした
【結果温度】約86度
【体感温度】熱いお湯です

【コメント】
前回からの改良
スチール缶に変えて置き鏡と手鏡を設置しました

なんとか食べれる温度です

缶に水いっぱい入れて少し蒸発しました。
それでも全然お湯が少ないです。
250缶ぐらいがよいと思います

もっと鏡を用意して光を当てれば90度にいくと思います。

ゆで卵の実験です

まずは缶に生卵を入れます

ソーラークッカーを太陽に当てます

しばらくした様子です

ちょっと時間が早すぎたかも知れません。
これでは温泉卵のようです

中身はこんな感じです

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ