車中泊に適した車とは?

車中泊に適した車と言えば、
私自身の勧めとしては足を伸ばすことができ、
布団が一枚ひけることができれば満足です。

DCIM1014

もし一人の車中泊だけであればワンボックスの軽自動車で
十分だと思います。

j6024

しいていえば高さがあったほうが良いです。
寝ているときに天井が近いとかなり圧迫感がありますので
できれば天井は高いほうが良いと思います。

j6021

もし長い車中泊を予定しているのであれば、
中にラックを付けるのもよいかもしれません。

私自身も一度は考えたことですが、
結局市販で売っているものは高く、
自分で作るのもめんどくさいといと思いもありましたので
断念をしました。

その時は、オークションで「棚受け」や「折り畳み棚」などの金具を
頻繁に探してたのですが、
当時は貧乏人でしたので、高くて手が出しずらいので断念をしました。

といっても数千円程度ですが…

もしハイルーフだった場合には、
ラックは、つけるのもよいかもしれません。

j6064

私自身としては
ひものようなものではなく
コンパネで作った棚を想定しています。
とくにしかっりとしたラックは使い勝手は広がると思います

【補足】
コンパネの棚を作りましたが
いがいに紐だけの棚(ハンモックのような)のほうが使いやすいです
たとえば
一時的に布団をのせたり大変便利です

自作のラック

後日
吸盤を利用して棚を作ってみました
やはり棚があると便利です
洋服をひっかけたり
一時的に物を置くことができます

今回の車はなかなか
棚を作るのが難しそうなので
窓を利用して
両サイドにタオルハンガーで吸盤をいくつかつけ
強度を増した状態で紐を張りました
DCIM1288

軽自動車であれば、スペースを有効に使いたいので
上の空間が若干にいもったいなく感じますので、
ラックはよいアイテムだと思います。

もしたとえば家族で車中泊を楽しむなら、
ハイエースなどの車もよいかもしれません。

j6054

でも、あの大きさだと山道などには入りずらいとおもいます。
広いところが確保できるのであれば、
ハイエースなどの車だとゆったりとした
車中泊が楽しめると思います。

私自身は、ハイエースのような車で車中泊をしたことがないのですが、
弁当屋で、あのような車で配達をしてたことがあります。

そのとき思ったのですが
大きい車の荷台では、軽自動車と比べると
やはり広々としています。

布団でいうと、二枚ぐらいひけそうなスペースがあります

やはり足を伸ばせてゆったりした空間は快適さを増すと思います。
軽自動車でも布団一枚引くことはできますが、
他の荷物があると少し窮屈かもしれません。

【アドバイス】
車中泊の車選びの条件として
サイドバイザーがついている車をお勧めします
サイドバイザーの役割としては
雨が降った際に
少し窓が開けることができますので換気ができます

昔に、小さい軽自動車で車中泊をしたことがあります。
今はやりの車ではなく、
少し前の型の車になります。

今はやりというのは、
今でいうムーブやワゴンRのような形ではなく
かなり小さい車です。

その軽自動車の助手席や後ろの座席で寝たことがありますが
私は、身長がありますので、
とても快適とは呼べないほどの窮屈さでした。

そのほかセダンでも車中泊の経験はあるのですが
やはりワンボックスとは違い
椅子と椅子の間にも余計なでっぱりがありますので
とても快適に寝ることはできません。

ワンボックスタイプのように
フラットにできる車が理想です

軽タイプのワンボックスと
ハイエースなどのメリットなどを比較すると
やはり大きい車は費用のほうが心配です

軽ですと
車検や重量税なども安くなりますので
費用的には軽自動車がお得だと思います

車中泊をする中でのアドバイス

車中泊をするのであれば
せめて後部座席のほうだけは
土禁にしたほうが良いと思います

これは衛生上の問題で

公衆トイレなどにもいくと思いますので
衛星的なことを考えるのであれば
靴はきちんとしたほうが良いと思います。

思いで車中泊

軽自動車と言えば、今でいうワンセグなどなかったので

小さいポケットテレビを見ながら車中泊をしていたことがありました

ちょうど探したら当時使っていたものが
引き出しの奥にしまってありましたので撮影してみました。

■

これをポータブルバッテリーにつなぎ
見ていた記憶があります。

映りはよくなかったのですが、
雰囲気だけは楽しめました。

軽自動車の特徴

軽自動車は小回りが利きます。
狭い山道などにも入っていけます。

でもそのぶん、ぬかるみなどにもはまるリスクもあります。
一度雪道で立ち往生しそうになったことがあります。
やはり2WDではきつく4WDのほうがその点よいと思います

ワンボックス車のいいところは

雨が降った場合に後ろのドアが屋根代わりになることです

これはとても便利なもので
歯を磨く際や外で着替えるときに簡易的に使えます

それと車中泊をしていると
雨が降ったら何もできなくなり車内に缶詰め状態になることがあります

そういった際はひざや腰に負担をかけてしまいますので
時折
体のストレッチのために後ろのドアを開けて
軽い運動やストレッチを行うと腰痛予防にもなります

【ここで豆知識】

車内に荷物をたくさん積んでいるほうが
ぬかるみを脱出しやすいです

とくにタイヤの上に当たる部分に、
重いものを積んでいると
抜け出せる可能性もあります

車中泊をする際の車選び

車中泊をする際に後部座席は手動のドアの方がおすすめです

それは何故か?
暑い時や寒い時にすぐに手元で窓を閉められます
眠りから覚めたときは起き上がるも大変です
そこで手の届く手動であればすぐに調整を行えます

自動の窓ではいちいち鍵を回さなければならないので
運転席まで手を伸ばさなくてはなりませんのでめんどくさいです

【メモ】
最近の車の後部座席は
窓を全開にすることができず
半分程度までしかあかないようになっています

真夏の場合はけっこう圧迫感があります
全開にあけられたら
風通しもよくなりそうです

ワンボックスの利点

後ろのドアを車内からあけられれば便利だと思っていたので
中の内貼りを外しフックに紐を付けました
DCIM1357
雨などが降った際に役立ちます

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ