夏の車中泊

夏の車中泊に必需品と言えば網戸です
網戸があれば快適な夏の車中泊が過ごせると思います

期間的にも春から秋にかけて使えます

夏の車中泊では
車内を締め切り、エンジンを消した状態では
まず眠ることができません。

そこでもし夏の期間に車中泊を考えているのであれば
暑さ対策は必要になります。

そこで、使えるものとして網戸ですが
私は以前にいろいろなことを試した事があります

おすすめとしては
中が見えにくい素材の網戸がおすすめです。

以前は、目の細かいカーテンを使い網戸代わりにしていたことがありますが
あまり意味がなく風通しはかなり悪いものでした。

そもそもなぜカーテンをするのかというと
蚊の対策になります。

その他にも
車内の電気をつけていた場合に
小さな虫や蛾などの虫は
とんでもなくはいってきます

その対策として網戸は必需品です。

見た目にこだわらない人であれば
マスキングテープやガームテープなどで一時的にはしのげますが

後々のことを考えると
できるだけ痕跡を残したくありません。

ガームテープの場合には
粘着の跡が残りあとでたいへんなことになります。

そこで、もし数日間の仮止めであったら
養生用のテープやマスキングテープがおすすめです

養生用のテープは粘着力もありはがしやすいので
一時的にしのぐのであれば最適です。

以前にペンキ塗りで使ったことがありますので
写真はそちらを見て参考にしてください

養生用のテープはガムテープと違い
粘着力もありはがしやすいのが特徴的です

切る時も簡単に手で切れますのではさみなどを使う事がありません
その切った部分もまっすぐに切る事が出来ます

布や紙のガムテープの場合には
貼りつけてからしばらくしてからはがすとネバネバが残ってしまう事があります

とくに紙のガムテープの場合には
貼ってすぐにはがしても後が残る場合があります

ですがこの養生用のテープの場合にはセロハンのように
ほど良い粘着力で貼った後も綺麗にはがす事が出来ますので用途によってはとても便利です

壁にペンキを塗るために使用

マスキングテープも緑色の養生用テープと同様に
はがしやすいのが特徴的です

素材は紙にちかく手で簡単に切る事が出来ますので
はさみなどを使わずにすみます

用途としてはペンキ塗りなどを行う際などに
塗りたくない場所をガードとしてその部分に貼り付けます
そしてペンキが塗り終わったらはがすときれいに

テープの直線をいかしてきれいに仕上がります

緑色のガムテープの方が養生用のガムテープです
肌色のテープがマスキングテープです

たとえば
何日も貼るようでしたら、避けたほうが良いかもしれません。

マスキングテープの場合にもあとはしかっりと残ってしまいます。

やはり車内と言っても網戸はきれいに貼りたいと言ったことが言えると思います。

そこで結局最後に行き着いたのは
マジックテープで装着ができるタイプに仕上げました。

車中泊の網戸作り

出来としては、すごい満足とはいきませんが
大きい窓に張り付けた割には、よくできたと思います。

たとえば車内の網戸などは、小さい窓があればそちらにつけるほうが
作るのは楽です。

でも夏の間は風通しが良ければよいのですが

風がなければ小さい窓では車内に熱はこもってしまいます。

できれば大きい窓で全開にすると快適さが一段と変わると思います。

そのマジックテープですが、
オークションでロール式のマジックテープを購入し、
網戸はホームセンターで購入をしています。
そこへ接着剤(ホットボンド)で貼り付けを行いました。。

結構大変な作業で作るのに時間もかかっています。

以前に
外から貼り付けることも考えたこともありました。
外だったら車のボディに磁石でつけれそうだったのですが
これは公共の場ではあまりにもみっともなく却下をした提案です。

以前の車は
普通の家庭と同じように型枠を作る方法でつくったことがあります
これは結構気に入っていり満足をした仕上がりでした

木のベニヤ板を寸法を測り、その大きさに切り取り
中をくり抜きます

現物がないのでイメージとしてはこのような感じです

それは結構気に入っていたのですが
作るのに時間と手間がかかりました。

このデメリットとして
車を買い替える時には使い物にならなくなってしまいます

今考えると見た目と装着は楽でよかったのですが、

若干、冬場の時期はがさばる存在でした

バックドアを少し開けて固定

風通しをよくするために
後ろのドアを少し開けて
固定できればと思って
自作した固定金具を作ってみました

作ったと言うよりも
s字フックを手で曲げただけですが
うまい具合にヒットしました

これで固定でき
風通しが良くなりました

買うと高いです
でも自作すると
100均など済ませることができます

アイデアひとつで
快適さが増します

いがいに
雨も大丈夫だと思っていたのですが
実際に使ってみると
少しの隙間ですが
雨が車内に入ってきますので
雨の日は、使えません

蚊取り線香

結構、使えます

100円で売っている携帯用の扇風機です
養生用のテープを張って羽を大きくしてみました。

※改造して危険ですので真似はしないでください

F1000140.JPG

夏の熱帯夜に換気程度になりました。

【豆知識】

人間の体感温度は、上着を脱ぐことで2度下がるようです。

【メモ】
車内は自分の熱気で
かなり温度が高くなります
窓を締め切ったら
真夏の場合は
車内は35度ぐらいになってしまうと思います
その車内の熱気を外に逃がしてあげれば
少しは快適になります
【アドバイス】
夏の車中泊をする際に
一日、日陰にとめておいた車は、
その日の夜は、いくぶん寝やすいです。
その点、遠出をした車で寝ると
ワンボックスの場合、
下にエンジンがありますので
数時間たっても
熱気がすごいです

夜、快適に寝たいのであれば
早めに
寝場所につけ
車をひやしたほうが
寝やすいです


このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ