場所選びが車中泊のポイント

車中泊のポイントとしては
どこで車中泊を行うかがカギになってきます。

トイレがある場所やコンビニが近くにある場所では
車中泊も快適になると思います。

車中泊は何といっても
宿泊費がかからないので近年車中泊の人気も高くその反面
マナーを守らない人もいますので
車中泊をする際の施設の利用方法や
注意事項が厳しい状態になりつつあります

私自身としては
車中泊をする際は
静かな場所で
自然があふれる場所で一晩を過ごすことが多いです

とくに車中泊をする際の注意点としては
施設の駐車場を使う場合には
出入り口付近にはとめないようにすることが
挙げられます

出入り口付近に車を止めてしまうと
車の出入りの際に音などが気になって
その都度おこされてしまうことがあります

それと
雨が降りそうなときは
木の下にはとめないようにします

その理由としては
雨が降ると
そのしずくが車のルーフにあたり
うるさくてとても安眠ができません

【どちらを選ぶか?】

1.静かな場所
公園や河川敷などの場所で過ごす

2.人が集まる場所
パーキングエリアや施設を利用する

車生活の鉄則

あてもないのにちょこちょこと動き回らないことが車生活の鉄則です
私は何度も同じ過ちとして
「動くんじゃなかった!」と後悔したことがあります。
結局移動して結果的によかっとしても
あてを決めないで車を走らせていると
かなり燃料と時間の無駄になってしまいます

初めから地図を見て
近道のルートを決めて目的地に行った方が効率が良いです

車中泊をする際は天候にも気にかけて

近年の天気予報は当たりますので
車中泊をする際の天気のチェックは大事です

天気がわかっていると
行動の予定も決められます

雨が降るのであれば
雨がしのげる場所

風が強いのであれば
風が防げる場所

天気が良ければ
夏であれば
日光がさえぎれる場所
湿気が強いのであれば
日光が当たり
車が乾かせる場所

【公園をまわる】
私は大きな公園があると立ち寄る癖があります
どんなトイレなんだろう?
水飲み場はあるのだろうか
駐車スペースはあるか
もし駐車した場合に落ち着けるだろうか
色々と探ります
普段から常にアンテナを伸ばしていれば
いざというときに役に立ちます
  • 動画を始めました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     


    スポンサード リンク