初心者のための車中泊

はじめて車中泊を行うのであれば
どこで車中泊をしたらよいか迷うことだと思います

私のアドバイスとしては
とにかくトイレや水飲み場がある場所であり
なおかつ
コンビニやガソリンスタンドが近くにあり
万が一のことを考えて交番や
病院が近くにある場所をおすすめします

そうなると結果的に
大きい公園付近が良いと思います

公園内の駐車場ですと
すこし女性は危険かもしれませんので
公園付近としておきます

私自信は公園で車中泊をしたこともあるのですが
水飲み場があると
とても便利で歯を磨いたり風呂に入れない時も
体をふくことや髪を洗うこともできます

私も車中泊を始めたころには
よく公園で車中泊をしていました。
眠れないときには
夜に公園内を散歩したり遊具で体を鍛えたりしていたことがありました

もう一度その公園に行ってみたい気持ちがあるのですが
自宅から二時間ほどかかる場所にありますので
そう簡単にはいけません

ですがその場所をグーグルの航空地図で見たときは
とても懐かしくおもわず感動してしまいました

もうかれこれ10年以上前の話ですが
いつかまたいける日が来たら
行ってみたいと思っています

その公園には
猫がたくさんおり
自動販売機もカロリーメイトなどが買える特殊な自販機が置いてありました

大きな公園や少し名のある公園ではアイスなどの自販機などが置いてあることがあります

なぜ猫が多いのか疑問でした

ある日違う公園でこんな看板を目にしました。
その看板には「猫を捨てていかないでください」となっていました。

なかには猫に餌を与える人がいるようで
「ここなら安心」と猫を捨てていく人が中には入るようです

なるほど!

それに大きな公園ですのでゴミもたくさん出ます
野良猫も増え繁殖してしまったのかもしれません

こうやって車中泊をのことを振り返ると
色々と忘れてかけていたことが蘇ります。

これからのブログでは車中泊の思い出はたくさんありますので
まだまだ語れそうです

公園と水道

公園は公園でも水道がたくさんある場所と
全くと言っていいほど
水道がない公園があります。

j5005

「なんでこんな小さな公園に4つも5つも水道があるのか」と
不思議に思うのですが
使う側としては助かります。

逆に大きさも程よい公園だとしても
実際に水道を探してみると
一つもない公園もありますので
あらかじめ水道の確認はしておいた方が良いです

【メモ】
最近の公園の水道は
だしぱっなしにならないようにか
水量の固定ができない蛇口が増えています
これって結構不便です
両手で洗髪ができませんので
片手で蛇口をひねり
片手で髪を洗わなくてはならないので
結構ストレスです

缶詰を食べるタイミング

p800

缶詰は長持ちするぶん、
非常食としては最適ですが
たくさんの缶詰を車内に保有していると
無駄に重くなってしまい燃費が悪くなってしまいます

そこで私が缶詰を食べるときに心がけていることとして、
私は食べた缶をすぐに捨てられるように
公園などの自販機がある場所や
空き缶などが捨てられる、
すぐ近くで缶詰を開けるようにしています

食べ終えて車内にいつまでも置いておきたくないので
すぐに捨てられそうだとわかれば
今日の夕食は缶詰めがメインになります

【普通の車との違い】
普通車って
1日じゅう乗らないからカビの心配も
ないんだけど
年がら年中車で過ごすと
車内はカビだらけになってしまいます
それだけ
自分の吐くといきが湿気の原因になってしまいます
【眠る前】
眠る前は必ずドアロックを忘れずにしましょう
それと車から離れるときは
貴重品の管理も怠らずにしましょう

初めての車中泊をした頃は「車中泊」と言った言葉すら知らないぐらいに
車中泊の知識もありませんでした。
ここで勘違いしてほしくないのは、
けっして楽しんで車中泊をしているわけではありません。

むしろ車中泊を余儀なくされたと言った感じです。
車もひと昔まえの軽自動車で、
靴を脱ぎ助手席を一番後ろまで引きずり、ダッシュボードの下に足を入れて
寝るのがやっとなくらいで天井も低くかなりの圧迫感でした。

確か時期的にはゴールデンウィークの前後だったと思います。
場所は湖が見える農道の脇に車を止めたロケーションでした。

時期的にも春だと言うのに
朝になると太陽とともに車内の温度は徐々に上昇していきます。
窓を閉め切ってはとてもじゃないけど暑くて眠れません。

生活スタイルとしては、ちょっとあるごとに、
少し離れた公園に行っていたの思い出せます
ジュースを買ったり、トイレにいったり事あるごとに何度もいっていました。
公園といっても自動販売機にカロリーメイトが売っているような公園でしたのでかなり大きな公園だったと思います。
その公園でポリタンクに水を入れて車内に持ち帰り
また水道へ戻り、持ってきたシャンプーとタオルを使って髪を洗い、
そのタオルを使って体をふくといった事を繰り返していました。

ご飯はというと、その自販機でカロリーメイトも買った記憶があります。
そのほか実際に持参したエサ、いやご飯などで食いつないでいました。
その食料の保管庫専用として大きいクーラーボックスに
詰めれるだけの食料を詰め込んで行ったのを覚えています。
主に乾麺やソーセージなどの保存食でした。
インスタントラーメンもよく食べました。

チャルメラの味噌味でおなかがすいていた時には、一気に二つ分を作って、
鍋の取っ手を持ちながら食べていました。
いまではどうもチャルメラの味噌味を食べる気がしません。
最近と言えば、やはりサッポロ一番の醤油が自分に合っていると思います。

車中泊でカップ麺などを食べるときは、メーカーはとても大事になってきます。
たまにわけのわからないメーカーの物を買うと、とんでもなく失敗する事がありますので注意が必要です。

それと最後にその時に思っていた事を思い出したのですが
それは足を延ばして布団の上で眠りたい、そんな気持ちが常にありました。
普通に生活できることが何よりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク