車中泊をする際に車に取り付けたい物

車上生活や車中泊をするために
ひそかに
計画を練っていたことがありました

それは
車に折りたたみのテーブルと
車内のラックをつけることを
計画をしていたいのですが
「結局あきらめて断念してしまった」といった事がありました

車中泊をする際に
テーブルは大変必要な役割をします
たとえばですが
カップラーメンにご飯とジュースをのみながら
食事をするとなると
置く場所に困ってしまいます

その都度テーブルを出すのはめんどくさく
できれば折り畳みの
テーブルがあれば
便利だと思うことがありました

そこで、
オークションなどで探してみたのですが
どれも値段が3000円以上と私にとって高額だったので
自分で作ることも考えてオークションで
「棚受け」や「折り畳み金具」などと検索にをかけて
探したのですがこちらも値段がはってしまったので
結局あきらめてしまったといったことがありました

【補足】
オークションで安く折り畳みの金具を購入できました
とりあえず金具だけ購入となります
いつかテーブルを自作するかもしれません
だんどりとして保管です

もう一つの
車内ラックの方ですが
イメージとしては
電車やバスについている
銀色のパイプのラックをイメージしてもらいたいのですが

j6181

そのラックを自分の車に取り付けたいと考えていました

あのラックがあれば夏場に使わないような寝袋や
ちょっとしたものが
固定しておいておけると考えていましたが
こちらも良い商品がなかったことと
取り付ける時間と余裕がなかったので
結局こちらもあきらめてしまいました

車中泊をしている際に寝付くときに
よく考えていた事なのですが
天井のスペースがもったいないと
思うことが良くありました

そこで自分の車のオプションで
いわゆるハンモックのような
ラックが売っていたのですが
その商品の値段も高く
いまいちのる気ではなかったので
却下したことがありました

いずれにせよ
この二点のアイテムは
今でもつけてみたいといった
思いがあります

車中泊を長年続けてきて
テーブルとラックは
重要な役割をしてくれると思います

とにかく
車中泊をする際にはスペースを有効に使うことが
車中泊を快適に過ごすコツだと思います

【追記】
オークションで「タオルハンガー」と言った商品を買って車に取り付けました
この目的は両サイドに同じものをつけて
木などをのせて棚として使えないかといった考えがありました

簡易的では紐をくくりつけてラックのようにして使えます

やはりなにかと棚があると便利です

どうしても無理な場合は
両サイドの内窓に吸盤をつけて
ひもをはるのも良いです

ただし、強度は弱いです

DCIM1288

リンクホルダーは車中泊の必需品

j6029

ドリンクホルダーは結構たくさんあったほうが便利だったりします

車中泊ではテーブルがあると便利です
そのジュースホルダーにはテーブルの役割もさせることができます

・スマホを置く
・ジュースを置く
・飲み終わった缶を一時的に置いておく

など様々な使い方があります

ルーフキャリアとは屋根に乗せるカゴのような物です
車中泊をする中で、汚いものや必要のないものは極力、車の中には
置いておかない方が快適に過ごせるかと思います。
例えば汚れた長靴などは一時的にも車内に置いておきたくはない物です。
以前にスチール製(鉄)のルーフキャリアをつけていたことがあります。
良い点もありますが悪い点もあります。

良い点は、たくさんの荷物をつめる事ですが
悪い点は走行していると風などでうるさい事です。
それと燃費も悪くなります。
スチールよりもアルミが良いのですが値段がはってしまいます。
その他に似たような物でルーフボックスもあります。

ルーフボックスの場合は、雨にぬれる事がなく保管ができます。
ハイルーフであればラックのように
車内につけるタイプのものもあります。
収納はできてよいのですが少し圧迫感が出てきます。

ルーフキャリアをつけていたときに、汚れた作業服などを載せていました。
そこから公園などで軽く洗い、キャリアの上で干していたことがあります。
真夏なので、すぐ乾きました。

使い方次第では良い事がありますが、トータル的に言うと善し悪し(よしあし)だと思います
善し悪しとは、良い事もあれば悪いこともあると言った意味です

私自身は
一時的にルーフキャリアをつけいていたことがあります

ルーフキャリアと言うのは
屋根に荷物を載せることができる荷台です

軽自動車であれば
自分が寝る分のスペースと合わせて
そんなに荷物を置く余裕なスペースがありません。

屋根に荷物を載せるスペースがあることで
気持ち的にも余裕がでます。

ですが私自身は
結構移動をすることが多く
燃費の方を考えて
すぐにルーフキャリアを取り外してしまいました

そのルーフキャリアは二万円ほどで購入して
素材は鉄製の物でかなり重いものでした

出来ればアルミ製のものがほしかったのですが
値段の方がはってしまうので
なくなくスチール製の物を購入しました

そのルーフキャリアの難点としては
走っている最中に
少し風を切る音がします。

スペースの確保

屋根の上に荷物を置けることは
車上生活をする上でスペースを確保でき

例えばですが
汚れた洗濯物を車内に置くのではなく
袋に入れてくくりつけておくことができます

ここで注意しなければならないのは
くくりつけておかないと
走っている最中に飛んで行ってしまう恐れがあります。

その風を利用する手もあります。
例えばですが汚れた靴を洗い乾かす場合には
キャリアに乗せておけば
走っている最中に乾いてくれると思います

もしこれから車上生活をすることになった場合には
ルーフキャリアを
視野の一つとして頭に入れいて置いてもよいのではないかと思います

天井のスペース

車中泊をしていて思うことは
「天井のスペースってもったいないなぁ」と思うことがあります

そこで天井には
オーバーヘッドコンソールがあると便利なのですが
今の車はそのコンソールはなく
以前の車は小さいながらもコンソールがついていました
以前の車の時には頻繁に車中泊をすることがなかったので
あまり存在自体に意識もしてなかったのですが

車中泊を頻繁にするようになり
収納がいかに大事であり
さらには天井部分の空間がもったいないことわかりました

できればコンソールはあったほうが収まりが良くなります

もし車中泊を頻繁にするような人はコンソールのある車も視野に入れるべきかもしれません

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク